Irish Breakfast Tearoom

初心者向け情報やコラムを書き込んでいます

ユーザ用ツール

サイト用ツール


software:why_windows_is_slow

Windowsが遅くなる理由

インストール直後は30秒以下で起動するのに、使っていくうちに2分近くかかるようになる。その理由は?

遅くなる原因
  • アプリケーションソフトをインストールする
    ソフトをインストールするといろいろなファイルをハードディスクにコピーします。
    特にMicrosoft Officeをインストールすると一気に遅くなります。
    • スタートメニューやデスクトップにショートカットを作成
      Windowsは起動するときにスタートメニューやデスクトップのショートカットから、「ショートカットキー」の設定を読み込みます。なので、インストールしているソフトが多ければ遅くなります。「ショートカットキー」なんて使っていない? といっても一応読み込み作業は行われます。
    • スタートアップやレジストリにWindows起動時に起動するものが入り込む
      Windows起動時にインターネットに接続し、バージョンアップ情報をチェックしたり、ファイルの関連づけをチェックしたりするソフトが起動する。
    • フォントが増える
      フォントが増えると起動が遅くなるようです。起動時にフォント情報を読み込んでいるのでしょう。Microsoft Officeはたくさんのフォントを追加します。
  • ドライバーをインストール
    周辺機器を接続したときに付属のディスクを使ってドライバーや付属ソフトをインストールします。このドライバーは周辺機器を接続していないときでも読み込まれ、待機しています。その分、メモリーを消費し、Windowsの起動にも影響を与えます。
  • ウイルスチェックやシステムチェック
    常時監視しているので当然システムに影響があります。ただし、Windowsの場合、ウイルスチェックを外すわけにはいかない。
メーカー品の場合
  • 最初からたくさんのソフトがインストールされている場合がある。
    購入してすぐに使えるようにいろいろなソフトがインストール済み。
    なので、使わないソフトはアンインストールする。
  • リカバリー
    Windowsのみをインストール(クリーンインストール)するためには、WindowsのインストールCDが必要になるが、リカバリーディスクしかついていない場合がある。

レジストリの肥大化

遅くなる一番大きな理由は、レジストリの肥大化といわれています。レジストリとは、Windows自身やソフトウェアがいろいろと基本情報や設定を記録しているものです。周辺機器の情報も書き込まれ、新しいソフトをインストールするたびに大きくなっていきます。起動が遅くなるのは、このレジストリが大きくなるのが原因の一つです。

レジストリを整理するソフトも出回っていますが、数秒速くなっても、やはり購入時のスピードは戻っては来ないのです。

また、ソフトウェアをインストールすると、デスクトップやスタートメニューのアイコンが増えていきます。起動時にはこれらのアイコンの情報を一通りチェックします。なぜチェックする必要があるのかというと、アイコンにはショートカットキーを割り当てることができる機能があります。「ショートカットキー? 使ったことがない」という人のパソコンも、一通りすべてのアイコンをチェックしに行きます。これも遅くなる原因です。

雑誌等では、ハードディスクの断片化を解消するために、デフラグを推奨する記事があったりしますが、実際にはそれほど効果はありません。これも同様に少しは速くはなりますが、購入時のスピードにはなりません。

急がば回れ!! 一番効果があるのは、リカバリ。購入時の状態に戻してしまうことです。費用もかかりません。ただし時間はかかります。しかし、リカバリをすると「このパソコンってこんなに速かったっけ?」と思うほど改善するはずです。買い換えは2、3年先送りにできそうです。

software/why_windows_is_slow.txt · 最終更新: 2022/10/08 (外部編集)